新着情報

大学教育再生加速プログラム(AP)採択事業シンポジウム「国際バカロレア修了生の国内大学進学と今後の展望について」

 我が国では、「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」(平成25年6月閣議決定)に基づき、国内における国際バカロレア認定校等を200校に増加させることを目標としてさまざまな取り組みが実施され、認定校は着実に増加してきています。また、平成25年度からは、ディプロマプログラムの科目の一部を日本語でも実施可能とする「日本語DP課程」が企画・導入され、この課程の実施校も、今後大幅な増加が見込まれています。このため、国内の大学には、今後、これまで以上に多数の国際バカロレア修了生の進学が見込まれます。また、進学先についても、国内外からの国際バカロレア修了生を受け入れてきた国際関係のコースばかりでなく、日本語を教授言語とするさまざまな学部や分野へも進学が期待されます。
 本シンポジウムでは、文部科学省、大学、高等学校(国際バカロレア認定校)から講師をお招きし、各視点からご講演いただきます。この後、講演者の方々による討論を行い、国内の大学として、国際バカロレア修了生を積極的に受け入れる意義、国際バカロレアでの教育を生かすための対応、大学の教育改革に与える効果などについてとりまとめます。

【日時】平成29年9月21日(木)13:00~17:00

【場所】岡山大学創立五十周年記念館
    岡山市北区津島中一丁目1番1号(岡山大学津島キャンパス)

【主催】岡山大学アドミッションセンター

【内容】こちらをごらんください。

【お申し込み】こちらからどうぞ