主な活動

大学教育再生加速プログラム

岡山大学は平成26年度「大学教育再生加速プログラム(通称:AP)」の「テーマ(入試改革)」において,本学の事業が採択されました。

【本事業の詳細】

取組名称:「テーマⅢ(入試改革)」

 本事業は,日本国内の国際バカロレア(IB)入試を活性化するため,国内外のIB校に対する広報活動を行います。さらに入試改善及び関係機関への情報提供のために,IB教育における6つの科目,課題論文,知識の理論,創造性・活動・奉仕等の調査研究を行います。また,IB入試についての講演会・勉強会等を高等学校関係者と企画し,国内における国際バカロレア教育への理解を深めるとともに文部科学省が推進しているIB入試の拡大を図り,IB校増加計画(200校)に貢献することによって,IB入試実施大学の拠点校としての役割を果たします。IB入試を拡大することは,能力・意欲・適正を多面的・総合的に評価しうる大学入学者選抜制度への改革につながり,さらには,高校教育の改革につながることになります。


IB入試実施学部等

年度

4月入学

10月入学

2012

4学部(理,医保,工,農),MP

 

2013

4学部(理,医保,工,農),MP

MP

2014

5学部(理,医保,工,環境理工,農),MP

MP

2015

全11学部,MP

MP

2017

全11学部,MP,ディスカバリー・プログラム

ディスカバリー・プログラム

2018

全11学部,ディスカバリー・プログラム

ディスカバリー・プログラム

2019

全11学部,ディスカバリー・プログラム

ディスカバリー・プログラム

※選抜方法は,文,法,経済,理,薬,工,環境理工,農学部,MP,ディスカバリー・   
 プログラムは書類審査のみ
 教育,医,歯学部は書類審査+面接


●本事業での取組み実績

 国内外IB校の訪問調査
  2014年度 国内10校,国外27校(13カ国)
  2015年度 国内18校,国外30校(16カ国)
  2016年度 国内21校,国外18校(9カ国)
  2017年度 国内22校,国外13校(8カ国)
  2018年度 国内18校

  調査の趣旨:1.国内外のIB校を調査し、国内におけるIB校学生の成績分布等と各
         種試験との相関関係を検証すると共に、海外におけるIB校学生の地
         域別、学習内容別の特徴を検証
        2.日本語を修得しない(言語Aが日本語でない)外国人IB生の取得科
         目及び成績を調査し、受入に当たっての留意点を検証
        3.日本語A,日本語B履修者の日本語能力の検証

 IB入試・IB教育に関する講演会・研究会等の開催(詳しくはこちら)
  2014年度
   ・キックオフシンポジウム「国際バカロレア教育と大学教育の接続」(10月)
   ・ IBランチオンミーティング報告(12月)
   ・「知の理論」ミニセミナー(2月)
   ・ Prague IB Theory of Knowledge Workshop Agenda(2月)
   ・国際バカロレア入試についての研修(10月,11月,1月)
  2015年度
   ・シンポジウム「国際バカロレアの「学びの評価」と高校・大学教育改革への
    活用」(12月)
   ・国際バカロレア(IB)入試についての講演会及び研修会
   ・第1回AP勉強会(6月)
   ・第2回AP勉強会(12月)
   ・第3回AP勉強会「IBDP修了生による座談会」(3月)
  2016年度
   ・第1回AP勉強会(5月)
   ・フォーラム「国際バカロレアと既存の教育との整合性-IB教育は脅威ではな  
    い」(7月)
   ・シンポジウム「国際バカロレアが示唆する新しい高校教育・大学入試」(10
    月)
   ・フォーラム「国際バカロレアをめぐる高大接続」(2月)
      2017年度
   ・ワークショップ「「知の理論」をひもとく」(5月岡山,6月東京,9月東京,     
    10月大阪,3月岡山(全5回))
   ・シンポジウム「国際バカロレア修了生の国内大学進学と今後の展望について」
   (9月)
   ・IB座談会「IB student talk at L-café」(1月)
  2018年度
   ・「国際バカロレア校教員がお答えします!
      ー国際バカロレアの初歩から実践までー質疑応答セッション」(7月)
   ・ワークショップ「低所得世帯の学生にTOKを教えることの意味」(9月)
   ・シンポジウム「教育に枠はない―IB for everyone」(9月)
   ・ワークショップ「「知の理論」をひもとく」(1月名古屋,2月福岡)

 IBに関する調査・研究(詳しくはこちら)
  2014年度
   ・岡山大学国際バカロレア入試の設計
  2015年度
   ・国際バカロレア(IB)シンポジウム等への参加
   ・岡山大学に入学した国際バカロレア・ディプロマ学生の状況について
   ・IB科目と日本の高校科目のカリキュラム比較(数学,化学,物理,生物)
   ・オックスフォード大学出版『Skills and Practice, Theory of Knowledge』翻訳
    書出版
  2016年度
   ・国際バカロレア(IB)ワークショップへの参加
   ・全国入学者選抜研究連絡協議会大会
   ・第48回日本医学教育学会大会
   ・日本国際バカロレア教育学会第1回大会
   ・岡山大学に入学した国際バカロレア・ディプロマ学生の状況について
   ・インターナショナルスクールでの日本語学習状況調査
   ・IB Biologyと日本の高校生物との比較
   ・伊藤印刷『「知の理論」をひもとく』作成・出版
  2017年度
   ・第12回全国入学者選抜研究連絡協議会大会
   ・第49回日本医学教育学会大会
   ・日本医学英語教育学会第20回学術集会
   ・日本国際バカロレア教育学会第2回大会
   ・国際バカロレア2018 Global Conference Singapore
   ・論文投稿「International Journal of Multidisciplinary Academic Research.
    Vol 5, No.1, 70-76.」
   ・その他IBに関する調査結果
  2018年度
   ・全国入学者選抜研究連絡協議会大会
   ・第50回日本医学教育学会大会
   ・日本国際バカロレア教育学会第3回大会
   ・International Baccalaureate Higher Education Forum : Japan 2018
   ・第8回アドミッションセンターセミナー
   ・論文投稿
   ・IB修了生へのフォローアップ調査

 

 専任教員等によるIB修了生のサポート(常時)

   IB生LINEグループ,他