岡山大学の教育改革

 岡山大学は、平成28年度より教育の一大転換として、全学の学士課程において、国立の総合大学としては、全国初の取り組みとなる60分授業・4学期制を導入しました。 

 本取り組みは、岡山大学の教育改革「学びの強化」のもと、鍛え抜かれた学生を社会に送り出すことを目指し、学生の修学時間の確保(大学でしっかり勉強すること)、学生の留学機会の確保、長期インターンシップの実現、入学から卒業までの教育の体系的再構築(それぞれの授業や勉強が何のために必要かということをはっきりさせること)などにより、社会が要請する人材を育成していこうとするものです。

 高等教育開発推進センターでは、この取り組みを発展・持続させるため、教育内容、教育方法、教育システムを再検討し、アクティブ・ラーニングなど、学生の躍動的な学びを引き出すためのより良い教育の実現を全面的に支援し、岡山大学全体の教育の質向上に取組んでいます。