各種資料

授業実施における感染対策に関する基本的な考え方

1.授業は,主に対面授業とするが,大規模な講義形式の授業等ソーシャルディスタンスの確保が困難な授業や少人数であってもオンライン型授業の特長を生かした授業はオンラインで行うなど,授業の形態を組み合わせて実施する。
 なお,1年次生については,必ず対面授業を組み込むこととする。

2.授業は,「新型コロナウイルス感染拡大防止のための岡山大学の活動制限指針」のレベルに基づき実施し,岡山県等の感染状況に大きな変化があった場合は,BCP(事業継続計画)により判断する。
 対面授業については,「対面授業実施のガイドライン」において定める講義,実験・実習の受講者数等の実施条件及び換気等感染防止に関する注意事項を遵守する。