Q-cum

Q-cum System【学士課程教育構築システム】

>システム概要

>システムログイン(学内限定)

>マニュアル

>Q-cum systemに関するQ&A

 

                                                                                                                         

 

 

システム概要

 大学は,教育の質保証を図るため,その大学が掲げる学位授与方針(DP)に照らして教育内容やカリキュラムを継続的に点検し,常に最適な教育を提供すること(持続的なカリキュラム・マネジメント)が求められています。Q-cum system導入の目的は,このカリキュラム・マネジメントを,教職員に大きな負担を強いることなく,持続的に遂行できる体制を構築することにあります。加えて,学生が獲得した学習成果を,DPに照らして,学生と教員の双方が容易に評価できるようにすることを意図しています。

 本システムは,カリキュラム改善のための基礎資料となる「科目分布表」及び「科目分布チャート」を作成する科目分布システム,並びに学生の学士力を把握するための「学士力評価チャート」を作成する学士力チャートシステムで構成されています。

 


<システム構成>

☆科目分布システム

 科目分布システムは,コンピテンシーとその学部・学科が開講する授業科目との関連付けを科目分布表のかたちに集計,整理するとともに,科目分布チャートとして図示します。学士課程教育の構築に当たって,コンピテンシーの視点からカリキュラムや教育内容を点検し,問題点・課題を抽出する必要があります。この科目分布表及び科目分布チャートはその際の基礎資料となります。

 コンピテンシーと授業科目との関連付けは,授業担当教員が,シラバス入力システム(Campus Square)のWeb入力画面上で,担当授業科目とコンピテンシーとの関連を入力することにより行います。入力された授業科目とコンピテンシーとの関連付けデータは,科目分布システムに読み込まれ,学部・学科ごとの科目分布表及び科目分布チャートが作成されます。このようなカリキュラム改善のための基礎資料を手作業(例えば,KJ法)でその都度作成すると,多大な時間と労力を要すため,教員にとって,継続的にカリキュラムの改善を図るには大きな負担となります。科目分布システムは,この難点を克服するものであり,授業科目の新設や改廃が,コンピテンシーに照らしてみた時,カリキュラム内容にどのように影響するかを即座に可視化して把握することができます。

 

☆学士力チャートシステム

 学士力チャートシステムは,大学DP,学部・学科DP及びコンピテンシーに関する学生の学修達成度をレーダーチャート等のグラフ形式で表示します。このシステムは,科目分布システムと学務システムのデータを参照しており,一人一人の学生が履修した授業科目のDPまたはコンピテンシーポイントを集計し,その結果をグラフ形式の学士力評価チャートで表示することにより,各学生の学士力達成状況を一目で分かるようにしたものです。

 学士力チャートシステムによる情報は,学生が自分自身の学士力到達度を学期ごとに自己評価し,次の学期の履修計画を立てるうえで有効であるだけでなく,その情報を指導教員と共有して今後の学習目標について指導を受ける際にも極めて有効です。さらに,本学の全授業科目が大学DP,学部学科DP及びコンピテンシーと関連付けられていることから,学士力に関する本学の教育目標の達成度を客観的な指標により検証することが可能となります。

 

 

システムログイン(学内限定)

  Q-cum Systemへのログイン(学内限定)はこちら

 
  

マニュアル

  ■ 解説書編(学内限定)

  ■ 運用手順書編(学内限定)

  ■ 学生編(学内限定)

 

Q-cum Systemに関するQ&A

 

Q1 学外のPCから利用できますか?

A1 Q-cum systemは学内でのみ,利用できます。

 

Q2 ログインIDが分からないのですが。

A2 ログインには「岡大ID」を利用します。
岡大IDが不明な場合は,情報統括センター 利用者相談窓口(086-251-7232)へお問い合わせください。

 

Q3 岡大IDでログインしたのに,システムが利用できません。

A3 「岡大ID」での認証後にログインできない場合には,利用権限を確認しますので,学務部 学務企画課 企画担当(086-251-7170)へお問い合わせください。

 

Q4 ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると,エラー画面が出てきました。

A4 Q-cum systemでは,ブラウザの「戻る」ボタンは使用しないでください。
エラー画面になってしまった場合は,「進む」ボタンをクリックしてください。 メニュー画面に戻りたい場合には,各画面左上及び左下にある「メニューへ戻る」ボタンを使用するようにしてください。

 

Q5 学生側で何か操作しなければならないことがありますか?

A5 履修登録データ及び成績データについては,特に皆さんが作業を行う必要はなく,自動的に学士力チャートが作成されます。

 

科目分布一覧について

 

Q1 科目分布一覧とは何ですか?

A1 科目分布一覧とは,授業科目の開講学部・学科等別に,開講されている科目のDPまたはコンピテンシーポイント等を表示する一覧表のことです。科目名や授業担当教員名で検索することが可能です。履修登録の際に,参考にしてください。

 

 

学士力一覧について

 

Q1 教養教育科目や他学部開講科目のシラバスでは,自分の所属学科とは違う学士力が設定されています。これらの科目を履修して得たDPまたはコンピテンシーポイントは,自分の所属学科の学士力達成度に含まれますか?

A1 シラバスでは,教養教育科目は教養教育コンピテンシーと,専門教育科目は,各開講学部・学科の学士力と関連付けされていますが,「4.5その他の画面」で紹介したシステム設定により,自動的に他学部の学士力に組み替えすることができるようになっているので,これらの科目を履修して得たDPまたはコンピテンシーポイントも,自分の所属学科の学士力達成度に加算されます。
他学部の学士力への組み替えについては,複雑な設定となっているため,この手引きでは説明を省略しています。詳しくは,システム利用の手引き1(解説書編)を参照する必要があります。

 

Q2 単位互換制度で他大学の授業を受け,認定された単位は,学士力達成度に含まれますか?

A2 現在は,以下の科目のように卒業要件単位として認められたものでも,学士力の計算には含みません。

・ 他の大学又は短期大学における授業科目の履修等によるもの

・ 大学以外の教育施設等における学修によるもの

・ 入学前の既修得単位等の認定によるもの

・ 転学部等以前に修得したもの

・ 「認定」「修了」により修得したもの

 

Q3 履修登録を行った時点で,学士力チャートが作成されるのですか?

A3 履修登録が確定した後に,履修データをQ-cum systemへ取り込みますので,その後に,学士力チャートが作成されることとなります。履修登録を行った時点では,学士力チャートは作成されません。画面上部にあるチャートの作成時点を参考にしてください。

 

Q4 成績については,いつ学士力チャートに反映されるのですか?

A4 成績が確定した後に,成績データをQ-cum systemへ取り込みます。画面上部にあるチャートの作成時点を参考にしてください。