日本語教育部門 Department of Japanese Language

日韓共同理工系学部留学生事業 Preparatory Course for the "Japan-Korea Joint Exchange Program in Science and Engineering"

 日韓共同理工系学部留学生事業は1998年の日韓共同宣言に基づき創設され、2000年に開始されました。これは、高校を卒業した韓国人学生を日本の国立大学の理工系学部へ招致し、日本の大学の学部生として4年間学ばせるという事業です。

 韓国全域から選抜された学生達は、毎年10月に来日します。来日後の10月から翌年3月まで予備教育を受けます。予備教育期間中は、日本語のプレースメントテストの結果をもとに、授業科目を選択して受講します。また、日本語コースに加えて、教養教育科目として開講されている理系科目を聴講することも可能です。修了時に合格と認定された留学生には修了証明書が授与されます。4月には理工系学部の1年生として入学します。

 

The “Japan-Korea Joint Exchange Program,” based on the “Japan Korea Joint Declaration (1998),” started in 2000. This is a program in which recent graduates from high schools in Korea are invited to study in the science and engineering departments at Japanese national universities for four years.

The students who choose Okayama University will study Japanese in the preparatory course for the first six months from October to March. During this period, students will take several of the courses shown in the table below according to their language proficiency levels. They can also audit science classes which are offered as general education. They will be given a certificate upon the successful completion of this preliminary education course. After completing the preparatory course, the students will enter the science or engineering departments in April.