スタッフ

Ayako OKAMOTO

難波 彩子        准教授         B402

 

最終学歴
2011年11月   Ph.D. (Linguistics),The University of Edinburgh

職歴
2012年4月-現在            岡山大学 言語教育センター 准教授
2010年4月-2012年3月    早稲田大学法学部 非常勤講師
2009年4月-2012年3月    日本女子大学文学部英文学科 非常勤講師

研究領域
社会言語学,談話分析,異文化コミュンケーション,言語人類学,英語教育

最近の研究論文
(1) 難波彩子,2015,「日本人の家族会話における会話スタイルーリスナーシップとしての笑い」, ワークショップ「日本人の社会文化的認識と言語使用」(代表者:東京都市大学 植野貴志子), 日本認知言語学会論文集第15巻,pp. 703-708.

(2) 難波彩子,2014, 「日本語の会話ジョークにおけるリスナーシップ」日本英語教育学会第43回年次研究集会論文集,早稲田大学情報教育研究所,pp. 57-62.

(3) 難波彩子,2012,「英語学習におけるリスナーシップ」,日本英語教育学会第41回年次研究集会論文集,早稲田大学情報教育研究所, pp. 57-62.

(4) Namba, Ayako, 2011, “Listenership in Japanese interaction: The contributions of laughter”,    
  Doctoral dissertation, The University of Edinburgh, U.K.

(5) Namba, Ayako, 2008, “Interactional dimensions of Japanese TE in collaborative storytelling”,   
  『英米文学研究』, 第43号,日本女子大学英語英文学会, pp. 167-185.

(6) Namba, Ayako, 2007, “Politeness and laughter in Japanese female interaction”, International Perspectives on Gender and Language (Selected Papers from the 4th IGALA Conference), Vol. 3, Valencia University, Valencia, Spain, pp.399-420.

(7) Namba, Ayako, 2007, “Sequential organisation of laughter in Japanese female conversation: The relationship between laughter and social factors”, Edinburgh Working Paper for Applied Linguistics, Vol. 15, The Institute for Applied Language Studies, The University of Edinburgh, Edinburgh, U.K., pp.42-62.

(8) Namba, Ayako, 2006, “‘Listenership’ in Japanese face-to-face interaction: The contribution of laughter, especially its interaction with nodding and verbal backchannelling”, Proceedings of Postgraduate Conference 2006, Department of Linguistics and English Language, The University of Edinburgh, U.K., Website, 12 pages.

最近の主な学会口頭発表
(1)「男女の会話からみたリスナーシップの役割」,ワークショップ「リスナーシップとアイデンティティ―異文化とジェンダーの視点―」,日本語用論学会第18回年次大会,名古屋大学,2015年12月.

(2)「合意形成に向けたリスナーシップークロージングにおける笑いからの一考察」,ワークショップ「リスナーシップとその役割の諸相をめぐって」,岡山大学,2015年3月.

(3)「日本人の家族会話における会話スタイル―リスナーシップとしての笑い―」, ワークショップ「日本人の社会文化的認識と言語使用」(代表者:東京都市大学,植野貴志子),日本認知言語学会第15回全国大会,慶應義塾大学日吉キャンパス,2014年9月.

(4) “Re-constructing identities of Japanese college students: A dynamic shift after their overseas experience”, The 20th International Sociolinguistics Symposium, Jyväskylä,Finland, June, 2014.

(5) “Listenership in closing in Japanese interaction: The role of laughter towards reaching consensus”, The 13th International Pragmatics Conference, New Delhi, India, September, 2013.

(6)「クロージング場面におけるリスナーシップ―日本語会話における笑いと共感の関係—」,日本語用論学会第15回大会,大阪学院大学,2012年12月.

(7) “From listenership to identity construction: Situated laughter activities in Japanese conversational interaction”,Workshop on Emancipatory Pragmatics, Bangkok, Thai, February 2012.             

(8) “From listenership to identity construction: Situated laughter activities in Japanese conversational interaction”, An International Workshop on Linguistics of BA and The 11th Korea-Japan Workshop on Linguistics and Language Processing, Waseda University, December 2011.

(9)「日本語インタラクションにおけるリスナーシップ―会話の相互構築に向けた笑いの貢献 ―」,日本英語学会第29回大会,新潟大学,2011年11月.  

(10)「リスナーシップを通してみられるアイデンティティの再確認—日本語インタラクションにおける笑いの役割—」,『言語と人間』10月例会,立教大学,2011年10月.

(11) “To cultivate communication skills and ‘zest for living’: From listenership to leadership to followership” (Ayako Namba, Yasushi Tsubota, Masatake Dantsuji, Kanako Maebo, Yasunari Harada), 研究集会『英語コミュニケーション能力の育成と英語処理の自動化:授業実践からテスティングまで』日本英語教育学会主催・早稲田大学情報教育研究所共催,早稲田大学,2011年9月.

(12) “Listenership in Japanese conversational interaction: Functions of laughter”, The 12th International Pragmatics Conference, Manchester, U.K., July 2011.           

(13) “Listenership in Japanese conversational interaction: The role of laughter for developing and maintaining the mutual relations”, Laughter and Humor in Interaction Conference  , Boston, U.S.A., June 2011.           

(14)「グループ活動におけるフォロワーシップ―リスナーシップから―」(坪田康,壇辻正剛,難波彩子,前坊香菜子,原田康也),第58回次世代大学教育研究会,明治大学,2011年5月.

(15)「スピーキングの動機付けとしてのリスナーシップ」(坪田康,難波彩子,壇辻正剛),第57回次世代大学教育研究会,長崎大学,2011年4月.

(16)「英語学習におけるリスナーシップ」,日本英語教育学会第41回年次研究集会,早稲田大学,2011年3月.

(17) “Laughter in assessment sequences in Japanese interaction”, The 10th International Pragmatics Conference,Gothenburg, Sweden, July 2007.

(18) “Laughter in closing sequences in Japanese interaction”, Research Meeting on Applied Language Studies, The Institute for Applied Language Studies, The University of Edinburgh, Edinburgh, U.K., February 2007.

(19) “Politeness and laughter in Japanese female interaction”, The 4th International Gender and Language Association Conference, Valencia University, Valencia, Spain, November 2006.

(20) “‘Listenership’ in Japanese face-to-face interaction: The contribution of laughter, especially its interaction with nodding and verbal backchannelling”, Postgraduate Conference 2006, Department of Linguistics and English Language, The University of Edinburgh, U.K., April 2006.

(21) “The Japanese –TE form in joint storytelling: An exploration of grammar and interaction”, The 9th International Pragmatics Conference, Poster Session, Riva del Garda, Italy, July 2005.

招聘発表・ワークショップ
(1) ワークショップ「リスナーシップとアイデンティティ―異文化とジェンダーの視点―」(代表者:岡山大学 難波彩子),日本語用論学会第18回年次大会,名古屋大学,2015年12月.

(2) ワークショップ「リスナーシップとその役割の諸相をめぐって」(共催者:東京都市大学 植野貴志子,岡山大学 難波彩子),岡山大学,2015年3月.

(3)「参与枠組みを通してみる家族の団らん作り―日本人家族の会話からの一考察―」,「参与(関与)枠組みの不均衡を考える」ラウンドテーブル(主催者:愛知大学 片岡邦好),愛知大学,2015年2月.

(4)「日本語インタラクションにおけるリスナーシップ―笑いの貢献—」,第31回現代語・現代文化フォーラム,筑波大学,茨城,2013年2月.

(5)「マルチレベルのコミュニケーション」,『言語と人間』第37回春期セミナー,国立女性教育会館,埼玉,2012年3月.

その他
(1)「国際親善大使としてのイギリス留学経験」,岡山中央ロータリークラブ例会,ANAホテル,岡山,2013年10月.

(2)「英語を通じて日本から世界へ – ことばと文化のインターアクション − 」,English on Campus,岡山大学,岡山,2012年8月.

受賞・助成金など
(1) 日本学術振興会科学研究費補助金,若手研究 (B), 「現代日本社会におけるリスナーシップの役割—世代・ジェンダー・異文化との交差—」(課題番号:26770142),代表者,2014年4月-2017年3月.

(2) 日本学術振興会科学研究費補助金,基盤研究 (C),「言語学習と異文化理解におけるユーモアの役割」(課題番号:25370718),分担者,2013年4月-2016年3月.

(3) 日本学術振興会科学研究費補助金,研究活動スタート支援,「通文化的語用論におけるリスナーシップ」(課題番号:24820029),代表者,2012年8月-2014年3月.

(4) 神戸女学院めぐみ会一般奨学金 (海外留学奨学金),2005年12月.

(5) 国際ロータリー財団,2004年9月.

所属学会
2012年-現在  「言語と人間」研究会 会員.
2011年-現在   日本英語学会 会員.
2011年-現在   日本英語教育学会 会員.
2005年-現在   国際語用論学会 (International Pragmatics Association) 会員.
2001年-現在   社会言語科学会 会員. 2013年より大会実行委員.

 

(2015年11月1日更新)