センター紹介

センター長あいさつ

sano
センター長 佐野 寛

岡山大学では、学生が豊かな教養とそれぞれの分野の専門性、さらには社会の中で様々なニーズに対応できる能力を獲得・向上できるように、教育研究指導や学生支援に力を入れています。特に当センターでは、入学から卒業までの過程で生じる迷いや悩みに対する相談(学生相談)、卒業後に自身の適性や能力を生かせる職業に就くための支援を行い(キャリア支援)、自分と社会を繋ぐための学びと実践の場を提供することで、気づきと成長を促しています。
 
キャリア教育では、学生が在学中に職業観を形成し、人間関係を構築しながら、様々な課題を解決できる力の育成を目標に掲げ、正課(授業)のみならず正課外活動の支援(学生支援)にも取り組み、一人でも多くの学生が豊かな経験をできるように支援しています。その上で、就職支援では個別のアドバイジングや就職ガイダンスによる直接的なサポートの充実を図っています。
 
また、「社会に貢献できる学生」を社会へ送り出すことは、大学にとって重要な責務ではありますが、中には学生同士や教員との人間関係なども含めた様々な悩みを抱え、結果として休学や留年、さらには退学に到ってしまう学生もいます。潜在的に高い能力を持ちながら、やむなく学業の中断や研究の断念を余儀なくされる学生が増えることは、本人達ばかりでなく、社会全体にとっての損失です。「学生相談室」では、学生自身や保護者の方々などからの悩みをはじめ学生生活全般に関する様々な相談に対応しています。さらに、「障がい学生支援室」では、障がい学生の全般的な修学支援や学生ボランティアの養成、施設改善の提案など、障がいのある学生に関わる支援にも取り組んでいます。
 
これからも当センターでは、学内外の諸機関や地域社会との連携を図りながら、学生たちがより一層充実した大学生活を過ごせるためのサポートをしていく所存です。そのためにも、学生のみなさんをはじめたくさんの方々に、学生総合支援センターを利用していただけることを願っております。

学生総合支援センター長    
教育担当理事・副学長       
佐野 寛(さの ひろし)

 

各室の業務内容

キャリア・学生支援室

 ・キャリア教育
 ・就職支援
 ・正課外活動支援
 ・その他学生支援

学生相談室

 ・学生相談
 ・学生相談等に係る調査・分析及び統計
 ・学生生活への適応を促進するための教育・支援
 ・その他学生の悩み相談全般

障がい学生支援室

 ・障がい学生の修学支援
 ・障がい学生の学生生活や就職・進学相談
 ・障がい学生支援ボランティアの養成
 ・障がい学生支援等に関する調査・研究
 ・障がい学生支援の普及・啓発活動
 ・障がい学生が利用する学内の施設・整備の改善に対する助言
 ・その他障がい学生への支援

スポーツ支援室

 ・課外活動支援
 ・スポーツ講座(公開講座)の開催
 ・スポーツに関する相談
 ・スポーツ医科学に関する情報提供
 ・スポーツに関する地域支援